コンテンツSEO

SEO何度もアクセスしたくなるホームページの条件として、まずデザインや構成・機能のわかりやすさ、そして使いやすさが挙げられます。サイトの構造が複雑で目的のページになかなかたどり着けなかったり、 Flash等による演出が過剰でアクセスに時間がかかるなど、閲覧しづらいサイトは敬遠されるからです。SEOの評価が下がります。逆に、 気配りや工夫が行き届いていて閲覧しやすいサイトは、利便性の高さもあって何度でもアクセスしたくなります。 このような「ユーザ」にとってのサイトの使いやすさ」は、ウェブユーザビリテイという言葉で表現されます。パンくずリストや更新履歴などは、ユーザビリティ向上に役立つものです。こういったサイトはSEOの評価が高いです。

情報の詰め込みすぎは禁物
コンテンツSEOでコンテンツ作成時にまず考えるべきなのは、それぞれのコンテンツに 個別のページを割り当て、 lページに複数のコンテンツが混在しないようにすることです。 まれに、複数のコンテンツを1ページに記述し、非常に長くなっているペ ージを見かけます。例えばオンラインショッピングのサイトで、大量の商品の価格や説明が並び、全ての商品を見るには延々と下までスクロールしなければならなくなっている、といったケースです。アクセスした訪問者が非常に読みづらく、避けたい状況です。このような場合は、商品ごとにページを分け、簡単な商品説明を書いたページから各ページに リンクを貼ることで、よりわかりやすいページ構成にできます。

情報量が多すぎると読み込みも遅くなる
情報量が多すぎるページのもう lつの難点は、ページの読み込みや表示が遅くなることです。サイ トにアクセスしたときに、ページを表示するまでの時間が長く、イライラした経験はないでしょうか。ページの内容が多くなれば、それだけデータ量も増えるわけですから、アクセスは遅くなります。これはSEO対策でも評価を下げる要因となります。
特に画像が多く貼りつけられている場合などはなおさらですが、画像が少なくても、大量の文字情報があれば表示には時間がかかります。文字データは画像に比べるとデータ量が小さく、ダウンロードする時間はそれほどでもないのですが、文字情報をブラウザがレイアウトして表示することに時間がかかるのです。こうした表示に時間がかかるページは、実はダウンロードに時間がかかるページよりも厄介です。なぜなら 、一般的なブラウザには、 一度ダウンロードしたデータを保存しておいて、毎回ダウンロ ー ドしないこ とで表示を高速化する「キャッシユ」という仕組みが備わっているため、 2度目以降のアクセスの際にはス トレスはかなり軽減されます。 しかし 表示自体に時間がかかるページでは、キャッシュの機能があまり有効に機能せず、表示するたびに時間がかかつてしまうからです。ホームペー
ジの閲覧の際には、「戻る ボタンなどを使ってページを行き来することが多いので、こうした表示の遅さは大きな問題となってしまいます。コンテンツSEOを行う場合、ページ数を増やすためにどうしてもデータの容量が多くなるケースがあります。なるべく容量を少なく情報を増やすことが重要です。

PICK UP:コンテンツSEOのご相談はSEO格安の東京SEOメーカーで可能です。

コンテンツSEOの作り方を見ていきます。また、SEO対策と相性の悪いフレームワークとFLASHについて。きちんと理解して対策をしましょう。ユーザビリティの視点からのSEOに強いホームページ制作とアルゴリズムに対してのホームページ作りについて重要な要素は理解しておきましょう。