ホームページ離脱を防ぐ

SEO訪問者を逃さないための8秒ルール
まだインターネット回線が今ほど高速でないころには、 8 秒ルールという言葉がよく使われていました。これはそのページにアクセスして から、ページ全体を表示し終わるまでに 8秒以上かかるような場合、訪問者はページが表示し終わるのを待たず、他のページに行って離脱してしまう というものです。最近では回線速度が上がったことで、待ち時間は大き く短縮されましたが、同時に利用者がイライラせずに待つことのできる 時間もずっと短くなっています。インターネットの利用者は皆せっかち です。イライラせずに快適に表示できるページ作りも、リピーターを増 やすためには重要な要素です。SEO対策でも表示スピードは重要な要素です。