パンくずリストの書き方

ここからは、パンくずリストの書き方を解説します。一般的に、パンくずリストの階層の区切りには「>」の記号が使われます。

トップページ(HOME)は「花」について、そこから2階層目では花の種類、3階j胃目では色を取り入れてページ分けを行っています。それぞれ、次のようなコードによってパンくずリストを作成します。

①トップページ(1階層目)の場合

最初に、トップページのパンくずリストです。トップページの場合、一般的に「HOME」(またはトップ)という言葉を用いることが多いです。そして、現在位置のページをstrongタグで強調すると、よりパンくずリストによるSEO効果が発揮できます。

①2階層目(サブページ)の場合

ここでは、花の中のパラを例とします。①と同様、strongタグで強調します。

③3階層目(サブページ)の場合

ここでは、花の中のパラの中の赤いパラを例とします。2階層目と同様、次のように書いていきます。

admin

Related posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です