SEO対策とフレームページ

SEOtaisakuフレームページのためのSEO対策
どうしてもフレームを使いたいか、すでにフレームを使っていて、すぐリニューアルできないような場合には、どうすれば良いでしょうか。SEO対策におけるフレームの一番大きな問題点は、「フレ ームを設定しているファイルに何の情報も含まれていない」ことです。 ここになるべく多くの情報を書き込むようにすれば良いわけです。
まずは、タイ トルとmetaタグをきちんと設定することです。metaタグは最近の検索エンジンでは重要視されないと述べましたが、重要視されなくとも、通常テキストと同様には扱われるので、今回のようなケースでは非常に有効に利用できます。
さらにnoframeタグを利用する方法もあります。<noframe>タグは、フレーム非対応ブラウザにページを表示させる情報です。本来は、フレームに対応していないブラウザで何も表示されないという状況を避けるために利用するものですが、ここに情報を入れることで検索エンジンのロボッ 卜に対しでも、情報を与える ことが可能になります。

なお、 <noframe> タグの情報は、フレーム対応ブラウザでは無視されます。現在ではフ レーム非対応ブラウザのほうが少ないので、ここに書かれた情報は、ほぼ検索エンジン向け専用の情報と 言えるでしょう 。だからといって、検索エンジンを意識しすぎた単なるキーワー ドを羅列したものにしてしまうと、検索エンジン側に 「不正しようとしている」と認識され逆効果になります。実際のフレーム内 コンテンツから画像や不必要な文章を取り除き、要点だけを述べた適切なものにしましょう 。

フレ ーム内に表示される HTMLファイルにも、いくつか検索エンジン 向け対策を施せます。 1つ目は「フレーム内のタイ トルも正確に書 く」ということがあります。
通常フレームを使うと、ページのタイ トルは「フレームを定義 してい るHTMLファイル」で指定されたものがブラウザに表示されます。 フレーム内の各HTMLファイルのタイ トルはブラウザには表示されません。そのため、そういったフレーム内専用のページのタイトルは、あまりきちんと 書いていない場合が多 くなってしまいます。 検索エンジンではそのページがフレ ーム内で表示されるかは認識しませんから、タイトルを重要視してキーワードとの関連づけを行います。そのため、普段は表示されないタイトルではありますが、おろそかにせずにきちんと設定する必要があります。